青木和子のクロスステッチ バラと暮らす

 一冊の本ができ上がるのは、うれしいような、淋しいような気持ちです(あーもう終わってしまったという気持ち)。バラと暮した8年間の幸せな関係と、本をつくり上げるまでのワクワクするプロセスがぎっしりとつまっています。
 一見そっけないデザインイメージに見えるかもしれませんが、ここかしこに仕掛けがあって、それを発見するのも、本を手に取る楽しみといえます。おすすめは裏表紙のバラのつぼみ。公文さんの撮った写真からデザインを起こしたものです。つぼみはもちろん私の庭のバラです。
Copyright atelie T.O.M, All Rights Reserved.